2020年12月 7日 (月)

紅葉でメタセコイア

いや~、すごく間が空きましたね。

ちょこちょこ、近場は出かけていますがあまり出かけることのなかった1年だったと思います。

さてさて

滋賀県のマキノにあります、メタセコイア並木道まで出かけてきました。

130039997_2177553365721323_1367555697646

ちょうど、いい具合に紅葉な感じです。

130274032_2177553292387997_6410800295224

開けたところで、出来る限りディスタンスを保っての散策です。

空と山と並木道と稲刈り後の田んぼの雑草生えた緑の具合がいいですね!

130241593_2177556892387637_3457390133088

スマホで撮影、適当なボケ感モードで撮影。

北陸地方は今年は大雪とか言われていますが、どうなるんでしょう?

土曜日に、スタッドレスタイヤには交換済み。

 

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

自粛

過度な自粛は反対なのですが、なかなか収まる傾向が見えてきません。

ということで、私も先日から自宅待機です。

5月に自粛終わりと考えている方もおられるかもしれませんが、そうはいかず長~い戦いになるのではないでしょうか。

長く自粛が続くと、失業率も上がり経済も非常に低迷します。

政府には、双方をうまく解決できる導きをお願いしたいです。

10万円の給付は決まりましたが、1万円は消費税として納税。

微妙なもんです。

とにかく早く困ってる人に届くように。

給付の基準も,

収入が減ってない人(議員・公務員・年金受給者etc)もいるのですから、その辺を加味して長くバックアップできるようにしてほしかったところです。

金額はともあれ給付を複数にわたって続けれるような体制じゃないと、長い目で見ると困る人が出てくると思います。

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

コロナ

全国的に、すごい広まり方。

・手洗い
・マスク

徹底しましょう。

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

大豊神社

京都にあります大豊神社です。

Otoyo2

今年の干支はネズミですが、ネズミの狛ねずみがある神社です。

 

 

 

鳥居です。

Otoyo

哲学の道を通って行ったのでが、そこを通って向かうと鳥居を過ぎたところに出ます。

1912_20200128212801

なので、鳥居撮影のため戻りました。

Img_20200125_134131_dro

参道、人が多い。

正月三が日は、2~3時間待ちだったそうですね。

なので、正月は断念しました。

Otoyo3

境内にたどり着きました。

そう広くない境内ですが、きれいに整備が行き届いている感じがします。

Otoyo2

いくつか、社があります。

こちらは本殿

13454

こちらは、愛宕社と日吉社。

よく見ると、左は狛とびで右は狛サルになってます。

Otoyo5

狛蛇さんもいらっしゃいます。

Otoyo4

こちらが、狛ネズミのいらっしゃる大国社。

Img_20200125_135907

狛ネズミ。(左)

Img_20200125_135715_20200128203201

狛ネズミ(右)

Otoyo1

Img_20200125_140122

狛ネズミ目当てか(私もそうですが)、正月からだいぶ日は立っていますが参拝者は多かったですね。

御朱印です。

Img_20200128_210520_dro

 

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

龍安寺

京都の龍安寺に行ってきました。

Img_20191208_150359

紅葉の名所の一つです。

近くに妙心寺もありますが、このエリアは12月上旬くらいまでは紅葉が見ごろです。

 

入口の門です。

Img_20191208_134609_dro

門横に早速立派な紅葉がありました。

Img_20191208_134712_dro

境内図です。

池を囲んで、方丈などめぐり周遊する形です。

Img_20191208_135157_hdr

方丈の枯山水のお庭です。

Img_20191208_141744

このアングルが、いい感じ?

Img_20191208_141205_dro

水戸光圀公が、寄進したとされる蹲

Img_20191208_141508

方丈横の門

Img_20191208_143447

で、異常なくらいの赤

Img_20191208_144738

苔と落葉の芸術

Img_20191208_144940_dro1

  

Img_20191208_135805

この池を囲んで周遊する形です。

Img_20191208_145925

京都の紅葉シーズンも終わりかけですが、どこに行こうか考えココを選んだのは正解だったかと思います。

満足。

 

| | コメント (0)

«那谷寺